仕事を辞めたいと言う気持ちを実現する時

働いている人が「仕事を辞めたい」と思う瞬間は、たくさん存在しています。一方、一時の感情に任せて退職してしまった場合、経歴にネガティブな傷を残してしまうケースもあるので注意しましょう。
例えば、新入社員で怒られることが続き「仕事を辞めたい」と考えている時は、耐えるのが大切です。仕事に慣れない新人が上司に注意されるのは当然のことであり、どこへ行っても変わりません。石の上にも3年というように、1つの仕事に慣れるためには3年待つようにしましょう。また、新入社員でなくても人間関係に挫折して「仕事を辞めたい」と思う時は、誰しも存在しています。自分と相性が合わない人はどこへ行っても必ずいるものなので、大人として対処できるように成長することです。人間関係の問題を自己対処できる能力は、昇進のためにも必要になります。上司はそうした側面も観察しているので、職場で信頼を得るためにも乗り越えるよう努力してみましょう。
一方、上司からセクハラやパワハラを受けている場合、社内の適切な部署に訴えて対応してもらうのが大切です。セクハラは明確に違法なので、早期に動かなければいけません。他にも、入社してみた後に待遇が言われていたものとは異なっていたというのであれば、退職を考えるのも方法の一つとなります。特に、得られる給料が当初言われていたものと異なる時は、法的にも問題があるので注意しましょう。生活できないほど給料を得られないのであれば、早期に転職を考えなければ毎月の赤字が積み重なってしまうので危険です。関連リンク~仕事を辞めても明日は来る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です